カギ屋についてならお任せあれ♪

カギが曲がった・折れてしまった時の対処とカギ屋

カギというものが、不具合が出てきてしまうケースがいくつかあります。
その不具合が出てきてしまうケースなのですが、カギが折れてしまったりすることです。
また、カギがちょっと曲がってしまっているようなこともあるでしょう。
そういった状態での利用は非常に危険です。
まず、カギについて折れてしまった場合にカギ穴に入れてしまいますと、そのカギが抜けなくなってしまうこともあります。
そうなりますと、カギも折れていますので、取り出すことがなかなかできないようなことも考えられるのです。
そのような状況はなんとしても変えていかなければいけないでしょう。
また曲がっているケースですが、曲がっているまま強引にカギ穴に入れますと、今度は抜けなくなってしまうということもあります。
開錠も施錠もできないようになっているわけですので、非常に危惧すべき状態であると言えるでしょう。
そこでカギにつきまして折れてしまった場合や、曲がってしまった場合にはそのままの状態でカギ屋さんへ連絡しましょう。
その状態でしたら、すぐに合い鍵を作成してくれます。
曲がってしまったものからでも、まっすぐにしましてそこから合い鍵を作成していくことができるようになっているのです。
合い鍵を作成すれば、いままで使っていた不具合のあるカギを使用していく必要はありません。
そのこと自体特にうれしいことになっているというようないい方もできるでしょう。
合い鍵の作成なのですが、壊れているカギの場合は少しお値段がお高めになるようなこともあります。
その点は少しマイナスかもしれません。
カギ屋さんが来ましたら見積もりをしていただくべきでしょう。
見積もり費用につきましては無料としているところも多くなっていますので安心です。
また厄介なのがカギ穴で折れて抜けなくなってしまった時です。
その場合は専門家でしたら取り出すことができるケースもあります。
しかし、無理な場合はシリンダーごとの交換になりますので、注意しておきましょう。

Older Posts »